Freenomがサービス終了?登録や更新が機能していない理由を解説

howto
この記事は約5分で読めます。
この記事は、最終更新日(2023-03-07)から1年以上経過しています。
記事の情報が古い可能性があります。ご了承ください。

私はDNSやテストサイトのドメインによく、Freenomの無料ドメインを利用していましたが、数ヶ月前から登録も更新もできなくなっています。

画面上で更新できたとしても、14日後にはアカウントからドメインは削除されてしまいます。

では一体なぜこの様な状態になっているかを、ウェブホスティングプロバイダーの運営者でもある私が詳細を調べてきました。

現在Freenomに起きている不具合

  1. 新規ドメインを登録できない
  2. 登録済みのドメインを更新できない

等が今問題になっています。

登録ができないのは修正が入るまで待つこともできなくは無いですが、更新できないのは困りますね。

Freenomの無料ドメインは14日以内に更新しないとドメインがFreenomに没収されて広告ページにリダイレクトされます。

原因は何なの?

実は過去にもFreenomは同じような自体に陥ったことがあります。

それは2015年にfreenomの法的名称であるOpenTLD B.V.がICANNから認定レジストラとして削除されたことがあります。その原因は多数の問題があったためです。

https://www.worldtrademarkreview.com/article/icann-suspends-freenom-cybersquatting-competitors-brands

簡単にまとめるとFreenomは昔から無料ドメインレジストラとして人気があったものの、その裏で無料ドメインは詐欺やフィッシングサイトやド○ッグ等違法サイトに最も利用されていました(恐らく現在でも)

その為ドメインを管理する組織ICANNからドメインレジストラとしての認定を取り消され、新規ドメインの登録、更新が禁止された事があります。

Arbitration: OpenTLD B.V. v. ICANN - ICANN

では今回も全く同じ出来事がFreenomには起きているのかというと恐らく今回は違います。

機能しなくなってからもう2ヵ月程立っていますが、ICANNのレジストラから除外されていませんでした。仮に除外されてるとして1ヶ月経ってもサイトの反映から消えていないということは現状除外されていないことになります。

なので今回はFreenom内部の技術トラブルで間違いないと思います。

最新の情報でFreenomはMeta(旧Facebook)に訴えられてドメイン登録を停止されているとの情報を入手しました!

以下がその記事の詳細

Sued by Meta, Freenom Halts Domain Registrations – Krebs on Security

英語が読めない方向けに記事の説明すると、FreenomはMetaが提供するFacebookやInstagramやWhatsAppでフィッシング攻撃を行うスパマー達が、フィッシングサイトの公開に利用していたドメインの殆どがFreenomから提供されていたという事で、2022年12月に訴えられたそうです。

フィッシングサイト以外にもスパムサイトへのリダイレクト等も原因らしいです。

今更な気もしますが…

以下の画像は、フィッシング利用され易いTLDとドメインレジストラ等が記載されています。

.comが最もフィッシング利用されていましたが、2位からはFreenomのドメインがランク入りしてます。

裁判結果によってFreenomはMetaによって抹消される可能性まで出てきました。

私のように普通に利用していただけのユーザーも、当たり前ですが居るのでサービス毎突然消えるまでにはならないかと思いますがどうなんでしょうね…

修正案は?

一部ユーザーはドメインを別のレジストラに移行する事でドメインを保護することに成功したと報告しています。

ですがこの場合有料のレジストラに移行しないといけないので、無料ドメインにお金払うことになり本末転倒。Freenom以外に.tkや.cf等の無料TLDを受け入れてくれる無料のレジストラはないので「無料ドメインなんかにお金かけたくない!」って人はFreenomの修正が入るまでドメインは捨てた様な気持ちでいるしかないです。

.tkなどの無料ドメインを有料で契約すると、普通に.comや.netドメインと同等の値段がします。だったら.comなどのSEO効果も信頼性の高いドメインを買ったほうがお得でしょう。

無料ドメインは検索結果に出にくい上にSEO効果も評価も悪いので尚更。

まとめ

お金をかけられる場合はFreenomドメインが失効される前に有料のドメインレジストラに移管する事ができます。

Domain Name | Internet Domain Registration | Register Domain Names
Buy your domain name the simple way. Search over 70 domain registrations including .com, .net, .eu, .biz and .us. Transf...

上記が移管先候補のレジストラです。

移管と更新費用には日本円で

.tkドメインが¥683

.gaドメインが¥933

私が知っている最安レジストラでの.comの価格の同等かそれ以上の値段です。

また.tkと.ga以外の.cfや.mlや.gqは上記サイトでは受け入れていないようです。

その場合は

Cheap Domain Names Registration with INWX

上記サイトは少し高いですがその他のドメインも移管できます。

.cfドメインが$8.85

mlドメインが$8.85

gqドメインが$8.85

修正が入るまで大事なFreenomで取得したドメインは安全なレジストラに避難させておくのが最善でもあり、現状出来る修正方法です。Freenomの修正はとにかく遅くサポートも繋がらないのが当たり前なのでいつ修正されるかは不明です。

お金をかけたくない場合は修正が入るまでドメインをドブに捨てた気持ちで居るといいです。

↑この記事が役に立てたら「いいね」ボタンを押してください!
この記事を書いた人
ウェブホスティング運営中|FreeHostBox.net
Anon

■20歳
・ウェブアプリ開発
・ホスティングプロバイダ運営者
・22年1月4日ブログ開設
■好きなもの
・猫
・お寿司
・夜明け前の景色

Anonをフォローする
howtoその他ライフハック
Anonをフォローする

コメント

  1. アバター もも より:

    やっとFreenomが使えない理由が分かってよかったです!Anonさんありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました