オリジナルのLinuxOSの作り方

howto
この記事は約6分で読めます。

つい数年前から「学生が開発したLinuxOS」なんて言葉聞いた事ないでしょうか?

実は私も勉強目的で独自のOSを作っていた1人です。

Velno Linux Official Site

そんなOSなんて簡単に作れるの?という事を今回はお話します。

開発は1年前に休止している為、覚えている範囲で書いていきます。

スポンサーリンク

そもそもLinuxとかOSって何?

本題に入る前に、皆さんはLinuxやOSって聞いたことありますか?

(この記事読んでる時点で知ってるわ!って方が大半でしょうけど、おさらいとして解説致します。)

なんとなく聞いたことはあるけど、よくわからないという方も多いのではないでしょうか?

そんな方のために、LinuxやOSについてわかりやすく説明していきたいと思います。

OSって何?

OSとは、オペレーティングシステムの略称です。

コンピュータを動かすために必要な基本的なソフトウェアの集合体です。

OSは、コンピュータのハードウェアとソフトウェアを仲介し、様々なプログラムを動かすための土台となる役割を担っています。

具体的には、以下のような役割があります。

  • メモリやCPUなどのハードウェアを管理する
  • ファイルやフォルダなどのデータを管理する
  • アプリケーションソフトウェアを実行する
  • ユーザーインターフェースを提供する

OSがなければ、コンピュータはただの箱で何もできません。

皆さんがよく目にするiOSやWindowsがOSです。

PCやスマートフォンにはもちろん、家電やIoTデバイスにもOSが搭載されています。

Linuxとは?

Linuxは、オープンソースのOSです。

オープンソースとは、ソースコードが公開されており、誰でも自由に閲覧、変更、再配布できるソフトウェアのことです。

Linuxは、1991年にリーナス・トーバルズ氏によって開発されました。

Linuxは、以下のような特徴があります。

  • 無料で使える
  • 自由にカスタマイズできる
  • 安定性が高い
  • セキュリティが高い

Linuxは、サーバーやWebサイトの運用、組み込みシステムなど、様々な用途で利用されています。

近年では、個人用のパソコンでもLinuxを利用する人が増えています。

本題

では一体どのようにして個人でもOSを作れるのか、という疑問が残ると思います。

iOSはApple、WindowsはMicrosoft、AndroidやChromeOSはGoogle

という大手企業ばかりが参入、開発しているのが分かります。

なのになぜ個人が開発できるのかを解説致します。

Linuxはコミュニティで開発されているから

先述した通り、Linuxはオープンソースソフトウェアであるため、機械オタクやLinuxマニアによって沢山のコミュニティが形成されています。

中でも有名なのはUbuntuでしょう。

今回の記事ではUbuntuが重要になります。

Ubuntuについて

Ubuntuは、Linuxディストリビューションの中でも特に有名なものです。

Canonical Ltd.によって開発されていますが、その開発には世界中のコミュニティメンバーが貢献しています。

Ubuntuは、以下のような特徴で知られています。

  • 初心者でも使いやすい
  • 最新のソフトウェアがインストールされている
  • 無料で利用できる
  • 長期サポート版が提供されている

コミュニティ開発のメリット

コミュニティ開発には、以下のようなメリットがあります。

  • 多様な視点を取り入れることができる
  • 開発速度が速い
  • 高品質なソフトウェアを作ることができる
  • ユーザーの声を反映しやすい

WindowsやMacと言ったOSは、ユーザーの声をあまり聞かずに利益目的でOS開発しているため、古い機器はアップデートさせないという結果になります。

一方Linuxは古いPCにもインストール出来る程軽量なOSがコミュニティによって今でも開発され続けています。

次のページではLinuxの作り方を解説致します。

Linuxの作り方

まずLinuxを1から作るのは1人では無理です。

(キレそうになりましたか?落ちついてください。)

私が言ってるのは1からコードを書いて作る行為です。

1つのOSだけで数千万行ものコードを含んでいます。

なので既にあるOSをカスタマイズして派生OSを作るんです。

例えばベースにUbuntuを使い、UIをカスタマイズしたり、独自のコマンドを作成&追加したり、独自のリポジトリを追加したり….気の遠くなる作業ですが、ASDの自分には楽しかったです。

作り方 その1(準備編)

  • ベースOSのisoファイル
  • Windows10もしくは11のパソコン
  • 仮想空間(VMwareもしくはVirtualBox)
  • Linuxコマンドと操作の知識

あれば、なおさら可

  • 中高生レベルの英語能力
  • エラーに対する対応力と忍耐力
  • 自分のウェブサイト(無ければFreeHostBoxで無料で作りましょう)
まずはubuntuをダウンロードしましょう。

ただし、そのままのUbuntuは現在windows10並みに重いので、コミュニティ開発されているxubuntuをダウンロードします。

Download « Xubuntu
Xubuntu – Xubuntu is an elegant and easy-to-use operating system.
仮想空間(VMwareもしくはVirtualBox)のダウンロード

私は両方で開発して試した結果、VMwareを愛用しています。

Download VMware Workstation Player | VMware
Download VMware Workstation Player for free today to run a single virtual machine on a Windows or Linux PC, and experien...
重要なのはLinuxの知識

Linuxを作っていきますのでLinuxについて知っておく必要があります。

普段からLinux使ってる人であればある程度、大丈夫です。

オリジナルのコマンドの作り方を知っていれば他のOSとの差を開けます。

私の場合は遊びでこんな物も作っていました。(音量注意)

badapple何てコマンドは世界中探しても存在しませんが、私の開発しているLinuxでのみ使えます。
つまりオリジナルコマンドは利便性の他にも、ユーモア性も求められます。
ただbadappleコマンドに関しては著作権の問題があるので、isoにはbadappleの音声ファイルなどを含んでいない為インストール後にデフォルトでは使えないようにしています。
なのでインストールコマンドを用意しています。
今回は準備編ということで、ここまでです。
次回は作り方を乗せるつもりです。
気になる方は当ブログをブックマークしてお待ち下さい😪
↑この記事が役に立てたら「いいね」ボタンを押してください!
この記事を書いた人
ウェブホスティング運営中|FreeHostBox.net
Anon

■20歳
・ウェブアプリ開発
・ホスティングプロバイダ運営者
・22年1月4日ブログ開設
■好きなもの
・猫
・お寿司
・夜明け前の景色

Anonをフォローする
howtoその他ガジェットプログラミング趣味
Anonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました