【早見表】Nginxステータスコード

server
この記事は約2分で読めます。
この記事は、最終更新日(2023-05-28)から1年以上経過しています。
記事の情報が古い可能性があります。ご了承ください。
  • 200: OK – リクエストが成功し、レスポンスとして要求された情報が返されました。
  • 201: Created – リクエストが成功し、新しいリソースが作成されました。
  • 204: No Content – リクエストは成功しましたが、コンテンツはありません。
  • 301: Moved Permanently – リクエストしたリソースが恒久的に移動したことを示します。
  • 302: Found – リクエストしたリソースが一時的に別の場所に移動していることを示します。
  • 303: See Other – リクエストに対するレスポンスは別の場所にあります。
  • 304: Not Modified – クライアントのキャッシュが最新であり、リソースが変更されていないことを示します。
  • 307: Temporary Redirect – リクエストしたリソースが一時的に別の場所に移動していることを示します。
  • 308: Permanent Redirect – リクエストしたリソースが恒久的に別の場所に移動したことを示します。
  • 400: Bad Request – リクエストが不正であるため、サーバーがリクエストを理解できません。
  • 401: Unauthorized – 認証が必要なため、リクエストに対する認証が必要です。
  • 403: Forbidden – アクセスが拒否されたため、リソースに対するアクセスが許可されません。
  • 404: Not Found – リクエストしたリソースが見つかりません。
  • 405: Method Not Allowed – リクエストしたメソッドは許可されていません。
  • 406: Not Acceptable – サーバーはリクエストの内容を受け入れることができません。
  • 408: Request Timeout – サーバーがリクエストの処理に時間をかけ過ぎたため、タイムアウトしました。
  • 410: Gone – リクエストしたリソースが削除されました。
  • 429: Too Many Requests – クライアントがリクエストを頻繁に行いすぎるため、制限されました。
  • 500: Internal Server Error – サーバー内部でエラーが発生しました。
  • 502: Bad Gateway – ゲートウェイまたはプロキシサーバーが不正な応答を受信しました。
  • 503: Service Unavailable – サービスが一時的に利用できない状態です。
  • 504: Gateway Timeout – ゲートウェイまたはプロキシサーバーがタイムアウトしました。
↑この記事が役に立てたら「いいね」ボタンを押してください!
この記事を書いた人
ウェブホスティング運営中|FreeHostBox.net
Anon

■20歳
・ウェブアプリ開発
・ホスティングプロバイダ運営者
・22年1月4日ブログ開設
■好きなもの
・猫
・お寿司
・夜明け前の景色

Anonをフォローする
serverその他プログラミング
Anonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました