実在した異世界?ダウリートゥーの真実はこれ

その他
この記事は約2分で読めます。
この記事は、最終更新日(2023-04-16)から1年以上経過しています。
記事の情報が古い可能性があります。ご了承ください。

最近巷で話題になってるダウリートゥーという幻の異世界都市をご存知ですか?

イギリスの探検家(アルフレッド・アイザック・ミドルトン)が、スマトラのジャングルで伝説の失われた都市を発見したという都市伝説が広まりました。

ミドルトンは、ドーリートゥーとして知られる古代の失われた都市の遺跡を探しているときに姿を消したと言われています。

そこで撮影された幻の異世界ダウリートゥーの画像が出回りだして人々を混乱させています。

巨像恐怖症は閲覧注意

UFOとピラミッドを足した様な奇妙な形の建造物

UFOの様な建造物が浮いている様な画像

ロケットの様な形の建造物1

ロケットの様な形の建造物2

気味の悪い巨大なエイリアンの様な植物?をバックに記念写真をする人達

巨像恐怖症の私には見てるのもキツイ画像ばかりです。

このような画像が出回った事によりダウリートゥーに関する様々な都市伝説が広まりました。

真相は何なの?

ネタバレと言うか、この画像の真相は全てAIで造られた画像です。

アルフレッド・アイザック・ミドルトンの人物画像でさえ画像生成AIが作った存在しない人物です。

画像生成AIである証拠は?

もちろんあります。

画像をよく見てほしいのですが、粗がたくさんあります。

AI生成で造られた画像は人物をうまく描画できない欠点があります。

人に見えるような見えないような何かが居ますよね。

2つ目の証拠

ダーリートゥーという名前が答えになっています。

ダーリートゥーは元の英語に戻すとDawleetooになります。

最近話題のChatGPTを作っている、OpenAIが開発する画像生成AIの名前がDALL·E 2です。

感の良い人ならもうおわかりでしょう。

DALL·E 2 → DALL·E(ダウリー)2(トゥー)

しかもDALL·E 2が発表された時期が2022年4月

この画像が出回った一番最初のサイトは以下の記事(2022年8月1日)です。

https://dailymysteries.com/2022/08/01/mysterious-lost-cities/

それからすぐ海外でDawleetooが広まりました。

結果、ダウリートゥーは画像生成AIを利用した偽の画像と作り話だったということです。

↑この記事が役に立てたら「いいね」ボタンを押してください!
この記事を書いた人
ウェブホスティング運営中|FreeHostBox.net
Anon

■20歳
・ウェブアプリ開発
・ホスティングプロバイダ運営者
・22年1月4日ブログ開設
■好きなもの
・猫
・お寿司
・夜明け前の景色

Anonをフォローする
その他趣味
Anonをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました